• 高砂市 日本三奇
  • 石乃寶殿について
  • インタビュー
  • モデルコース
  • 四季の行事
  • トリビア
  • 観光物産品
  • 不思議な日本三奇な世界
  • アクセス

日本三奇

古くから「奇跡」と伝えられる建造物があります。いつ、だれが、何のために、どうやって作ったのか?
その由来は、神話を含めて諸説あり、人間の常識や現代の科学をもってしても、未だにその明確な答えはありません。
江戸時代の医者、橘南谿が記した書物の中で、“3つの奇跡”と紹介されたことから「日本三奇」と呼ばれ、悠久のときを超え、人々を魅了し続けています。

石乃寶殿

三方を岩盤に囲まれた巨岩。水に浮いているように見えることから、「浮石」とも呼ばれており、生石神社の御神体として祀られています。石乃寳殿についての最初の記録である「播磨国風土記」によると、聖徳太子の時代に物部守屋によって建立された、とありますが、時代的にも矛盾があり、その実態は未だ謎。神話を含めた石乃寳殿の云われは40説以上あり、訪れる人々を魅了し続けています。

詳しく見る

もっと「石乃寶殿」を知る

「竜山石の世界」

高砂で採れる竜山石は、古墳時代から現在まで1700年もの間採石され続けている、長い歴史を持つ石材です。
古くは石棺として利用され、主に権力者の石棺にこの竜山石が使われたことから、「大王の石」と称されてきました。
現代では、家の土台や石垣など、建築や造園に広く利用されています。

竜山石は硬度などの性質が均質で、節理が少なく、軟質なため採石や加工が容易いという性質をもっています。竜山石には、青、黄、赤の3色があり、中でも赤色は産出量が少なく、貴重です。
この石のやわらかな色合いと、手に取ったときのなめらかな感触が竜山石の魅力です。

インタビュー

  • モデルコース

  • イベント

  • 石乃寶殿トリビア

  • 観光物産品

  • 不思議な「日本三奇」の世界

  • 高砂市観光協会

  • 高砂物産協会

  • 高原町観光協会

  • 塩竈市観光物産協会

ACCESS

ページのトップへ